進路指導

進路指導

2016年 大学合格実績(2014・2015年比抜粋)

  2014 2015 2016
国公立大学
筑波大 1    
新潟大 1    
埼玉大   1  
静岡県立大     1
島根県立大   1  
首都大学東京     1
東京農工大   1  
私立大学
中央 4 5 4
明治 2 3 4
法政   4 4
青山学院 2   2
学習院 1   1
早稲田     1
成城 1 4 6
東京農業 3 4 4
工学院 4 5 4
東京経済 2 5 2
明治学院 2 5 2
東京薬科   4  
東京工科 7 4 3
芝浦工業     2
日本歯科     1
獨協 1 2 1
成蹊   2 1
北里   1 1
多摩美術   3 1
東京造形   2 3
洗足学園音楽     1
国立音楽     1

夢 自ら描き、
 教師との二人三脚で現実にするもの

これは日本学園の生徒たちの進路実績のごく一部です。ご覧いただければお分かりのように医学部から芸術学部まで、その方面は実に多種多様です。今後も高等教育である大学で、専門分野をさらに詳しく学びたいという意識を持った生徒たちが、希望した進路に進めるよう、生徒一人ひとりに合った学習環境づくり、学習指導を行っていきます。

中学では自学自習の習慣を定着させるため、「にちがく講座」を開講しています。これはプリントを使った放課後講習で、基礎力の定着と向上、さらには得意分野の学習の深化を目標としています。初めは教員の指導の下、各々の学習進度に合わせてプリント学習を進めていきますが、学年が上がっていくに従い、自ら自分に必要な項目・難度のプリントを選択し、学び進めていけるようになるというのがこの講習の最終的な目的です。

高校ではプリントではなく多くの「講習」から自分に必要なものを授業以外に選択していく「モジュール講習」を開設しています。早朝や放課後を利用して行われる約50種類もの講習には、1年間継続して実施される長期的なものや学習項目を明示して学期ごとに開設されるもの、資格所得のための短期集中型のものなどがあります。また、内容の面でも生徒の興味・関心を引き出すために授業内容をさらに深めたより専門的な題材を取り扱う講習もありますし、授業の理解度を確認するための講習や、資格所得のために学年をまたいだ検定合格を目指す講習もあります。生徒は自分の学力・興味・関心・目標に応じて講習を自由に組み合わせて受講することができます。生徒のやる気を教員がサポートし作り上げる「自分だけの時間割」、それが日本学園の「モジュール講習」です。

近年の大学実績が示すもの

大学実績の一部をまとめました。
まずは表1をご覧ください。2016年と2015年を比較するとMARCHといわれる大学の現役合格率が上昇しています。
次に表2をご覧ください。これはいわゆる日東駒専と言われる大学の合格者数を比較しています。こちらも上昇しています。

一般的に「大学合格実積の上昇」はまずは日東駒専と言われる大学の実績の伸長からスタートします。このレベルの大学で安定した実績を出した後に、徐々にMARCHレベルの大学の実績の伸長、と伸びていきます。さらには国公立大学、早稲田・慶應・上智といった難関私立大学への合格実績の上昇へと成長していきます。日本学園は現在実績伸長の二段階目「MARCHレベル大学の実績伸長」へと移行しています。今後の進学指導に期待してください。

MARCH現役合格率と日東駒専合格者数

大学合格実績アーカイブ

過去の大学合格実績(2011~2013年抜粋)

医学部・獣医学部 国公立大学 私立大学(抜粋・実績の多い順)
帝京大学 医学部
聖マリアンナ医科大学
日本大学 獣医学部
北里大学 獣医学部
首都大学東京
埼玉大学
島根県立大学
1 中央大学
2 國學院大學
3 早稲田大学
4 東京工科大学
5 法政大学
明治学院大学
東京農業大学
東京電機大学
6 青山学院大学
東京薬科大学
7 上智大学
成城大学
東京都市大学
多摩美術大学
8 明治大学
同志社大学
獨協大学
工学院大学
9 慶應義塾大学
立教大学
成蹊大学
学習院大学
立命館大学
武蔵大学