部活動

バレーボール部

関東大会出場を1つの目標として、常に上位を狙おうとする向上心とバレーボールの研究心で日々練習に励んでいます。チーム一丸となって大会に挑めるように一人一人が自覚と責任を持った行動をとり、目標に向かって取り組んでいます。

部活動・委員会一覧
2018-07-24

7月22日(土)にスカイアリーナ座間にて関東私学大会が行なわれた。今大会は、冬の私学大会の結果を踏まえて出場することができ、今年度は関東で64チーム(グループA:32チーム,グループB:32チーム)が参加した。
本校は、最近の実績が評価され、グループA(各県上位チーム)で出場することとなった。

試合結果(22日予選リーグ)
対 慶應義塾高校(神奈川) 25−3,25−5
対 明和県央高校(群馬) 25−16,14−25,25−14
対 早稲田実業高校(東京) 14−25,16−25

1試合目は、慶應高校と対戦した。慶應高校は神奈川県代表としてインターハイ出場が決まっており、サブのメンバーが試合に出たということもあり、ほぼ一方的な試合展開で勝つことができた。
2試合目は、群馬県の強豪校でもある明和県央高校と対戦した。1セット目、序盤から本校優位の試合展開で、中盤以降も適宜得点を重ねセットを取ることができた。2セット目、先程とは逆に序盤から中々リズムが作れずに7−13と引き離されてしまった。その後は若干立て直し12−13まで追い上げるも、相手に流れが傾くと修正する事ができずに連続失点を与えてしまいセットを落とした。3セット目、スタートの流れが勝敗を大きく左右するわけだが、序盤は流れを掴み9−3と大きく引き離した。しかし、10−8まで追い上げられ中盤は我慢の展開が続いた。若干リードのまま終盤へ。最後は相手を一気に振り切り勝つことができた。
3試合目は早稲田実業と対戦した。相手は先日のインターハイ予選でベスト4に入る強豪である。1セット目、序盤から相手の流れで3−7とされ早くも1回目のタイムアウトを取った。その後も点差は縮まらず、流れを呼び戻す事もできずに終盤に一気に攻め込まれセットを落とした。2セット目、スタートこそ良くなかったものの粘りを見せ、8−8までは拮抗した試合展開であった。しかし、その後はレシーブミス、サーブミス、スパイクミスなどが続き10−16まで引き離されてしまった。何とか一矢を報いたいところではあったが、最後は振り切られ負けてしまった。

結果的に2勝1敗で2日目の決勝トーナメントにコマを進めることはできなかったが、本格的な夏を迎える前にチームとしての強化すべき課題は確認する事ができたのではないかと思われる。
今大会での経験を一つのきっかけとして、今後のモチベーションとして意識を高く持ち日々の練習に励んでいきたいと思っている。

2018-06-26

6月24日(日)に安田学園にてインターハイ予選(順位決定戦)が行われた。ベスト8の4チームがリーグ戦を行い、最終的な順位を決定する。

試合結果(都6位)
対 都立足立新田高校 22−25、25−17、25−17
対 東海大菅生高校 25−17、25−14
対 安田学園高校 20−25、25−18、22−25

1試合目は足立新田高校と対戦した。
1セット目、序盤は拮抗した試合展開で6−6とどちらも譲らずの状況であったが、その後ミスが続き10−14となったところで1回目のタイムアウト。中盤は持ち直し我慢の展開となったが中々点差が縮まらず17−20で2回目のタイムアウトを取った。19−20まで詰め寄るも最後は振り切られセットを落とした。
2セット目、気持ちを入れ替えブロックポイントなどでスタートダッシュに成功した。13−8までリードしたが、サーブミスから4連続失点。13−12まで詰め寄られてしまった。その後も拮抗した展開は続いたが、18−15となったところで流れが本校に傾いた。サーブポイントやスパイクが適宜決まり、22−15と引き離しセットを取った。
3セット目、スタートが鍵となるが、まずまずの入りができ10−7と若干のリード。中盤はミスが続き14−12まで詰め寄られたが、集中力を切らさずブロックポイントなどで17−12と引き離した。その後は一進一退の攻防が続いたが最後は一気に振り切り勝つことができた。

2試合目は東海大菅生高校と対戦した。
1セット目、2連続ブロックポイントで一気に流れを掴んだように思えたが、その後は相手も立て直し我慢の展開が続いた。10−10からサーブポイントなどで流れを掴み16−11まで引き離した。その後も相手のミスやブロックポイントなどで適宜得点を重ね、終盤も落ち着いて対応しセットを取ることができた。
2セット目、ムードのいい状態を保ち、スタートから攻撃の手を緩めることなく18−3と大きく引き離し、最後まで気を緩めることなく勝つことができた。

3試合目は、ともに2勝同士で安田学園と対戦した。
1セット目、本校の攻撃がブロックに阻まれ、0−6とスタート失敗。その後は立て直すもサーブミスなどで中々大きな流れを引き寄せられず8−13。相手に流れが傾き9−19まで引き離されてしまった。気持ちが切れ掛かったが、次につなげるためにも息を吹き返す必要があり、終盤は若干追い上げたがセットを落としてしまった。
2セット目、後がない状態であったが、またしてもスタートでミスが相次ぎ1−6と引き離されてしまった。今までであれば気持ちが沈みズルズルといってしまう展開ではあったが、その後は粘りのバレーで立て直し9−9で追いついた。中盤は本校優位の展開で14−9まで引き離し、最後まで集中力を切らすことなくセットを取ることができた。
3セット目、勝っても負けても最後のセットである。序盤からお互い一歩も譲らず、まさに一進一退の攻防が続いた。16−17と連続失点したところで1回目のタイムアウト。終盤は相手が優位のの展開となり、あと一歩届かず負けてしまった。

結果としては2勝1敗で6位という成績でインターハイ予選を終えた。
強豪相手にどこまで戦えるかが課題であったが、今回の3試合だけを見れば本校持ち前の粘りのバレーがしっかりとできれば、まだまだ勝負ができる手ごたえは感じることができた。次の大会に向け更なる向上心を持って取り組んでいきたいと思っているので、今後も日学バレー部の応援、宜しくお願い致します。

2018-06-20

6月17日(日)に、農大一高校体育館にてインターハイ予選(2日目)が行われた。本校は先週行われた1日目はシードだったので、2日目(ベスト16賭け)からの参戦であった。

試合結果
ベスト16賭け 対 都立杉並工業高校 26−24,25−23
ベスト8賭け 対 都立武蔵野北高校 23−25,25−17,25−11
ベスト4賭け 対 東亜学園高校 14−25,11−25

1試合目、杉並工業と対戦することとなった。
1セット目、序盤は本校優位で試合が進み、15−9と引き離したが、そこから一気に相手に流れが傾き、あっという間に16−20と逆転されてしまった。最後はセットポイントを取られるもなんとか立て直し、ギリギリのところでセットを取ることができた。
2セット目、本来の本校のバレーをしたいところではあったが、終始拮抗した試合展開となった。結果的には勝つことができたが、流れと勢いの恐さを感じた試合であった。

2試合目は、武蔵野北高校と対戦することとなった。
1セット目、序盤から失点が続き2−7と引き離され、そのまま流れをつかめず終盤へ。一時は19−18と逆転することもできたが、最後は相手に振り切られセットを落としてしまった。
2セット目、後がない状態でスタートダッシュを図りたいところではあったが、またしても4−7と劣勢の展開となってしまった。中盤に入ってからディフェンスからの攻撃という本来の形が出てきて、16−10と逆転し引き離した。今日の出来だと決して油断できない点差ではあったが、終盤で4連続失点はあったものの、何とかセットを取ることができ、フルセットにもつれ込んだ。
3セット目、サーブポイントなどでスタートダッシュに成功し、最後まで勢いと集中力を切らすことなく勝つことができた。

3試合目は、ベスト4を賭けて強豪の東亜学園と対戦することとなった。随所に粘りのバレーをする事はできたが、結果的には力の差をまざまざと見せ付けられる展開となり負けてしまった。

6月24日は安田学園にてベスト8の4チームによる順位決定のためのリーグ戦が行われる。一つでも上の順位に食い込めるようしっかり調整して試合に挑みたいと思っている。

2018-06-07

6月2日,3日に、東京都武蔵野の森スポーツプラザにおいて、第72回関東高等学校男子バレーボール大会が行われた。関東8都県から計50チームが出場し、本校は4年連続6回目の出場となる。

試合結果
対 正智深谷高校(埼玉県)15−25、25−23、17−25

勢いがついて粘りのバレーを展開することができた場面もあったが、全体として力及ばずという結果となってしまった。

6月10日から始まるインターハイ予選に向け、更なるチーム力向上をはかり、上位に食い込めるよう頑張っていきたいと思っています。
今後も日学バレー部の活躍をご期待ください。

2018-05-05

5月3日(祝)に早稲田実業体育館にて関東大会予選3日目が行われた。ベスト8以上のチームによりトーナメント戦にて最終の順位を決める。
本校は第2試合でベスト4を賭け東洋高校と対戦することとなった。

試合結果
対 東洋高校 25−23,15−25,16−25

1セット目、序盤から拮抗した試合展開となったが、本校が若干のリードを保ちながら中盤へ。15−12となったところで相手が1回目のタイムアウトを取った。そこから3連続失点し同点。流れが傾き始めたところで本校も1回目のタイムアウトを取った。タイムアウトを機に5連続得点。途中相手は2回目のタイムアウトを取るも20−15と引き離した。終盤は点差を保ちながらお互い一歩も譲らずの展開であったが、24−19から3連続失点しあと1点が取れず本校も2回目のタイムアウト。ギリギリのところで最後は相手のサーブミスでセットを取ることができた。
2セット目、相手は1セット目終盤の勢いを保ち怒涛の攻撃で1−6と大きく引き離されてしまった。その後、3−9となったところで本校は早くも2回目のタイムアウトをとる形となってしまった。その後若干挽回し7−10まで追い上げるも、スパイクミスなどで5連続失点してしまいダブルスコア。終始相手のリズムで試合が進み、終盤ピンチサーバーを送り込み2連続サーブポイントを取るも追い上げきれずほぼワンサイドでセットを落とした。
フルセットにも連れ込み最初のスタートが大きな鍵を握る状況で、3連続失点からスタートする形となってしまった。1回目のタイムアウト後何とか持ち直し4−5。我慢の展開となったが中々リズムがつかめない。6−12まで引き離され2回目のタイムアウトをとる形となってしまった。中盤はお互い一歩も譲らずの展開ではあったが点差は中々縮まらない。終盤でギアを入れたいところではあったが、最後は振り切られ負けてしまった。

ベスト4に入ることを目標に日々取り組んできたが、やはりその壁は高かった。しかし、これで全てが終わったわけではないので、関東大会本戦も含め、インターハイ予選では粘りのバレーを展開し、1つでも多く勝てるように気持ちを入れ替えて日々精進したいと考えている。
本校理事長はじめ、たくさんの方々が応援に駆けつけてくださり後押しをしてくれました。本当に有難うございました。今後も向上心を持って取り組んでいきますので引き続き応援の程宜しくお願い致します。

2018-05-02

4月29日(日)に成城高校にて関東大会予選2日目が行われた。本校はシードであったため2日目からの参加となり、初戦でベスト8を賭けて高輪高校と対戦することとなった。

試合結果
対 高輪高校 25−19,24−26,25−17

フルセットまでもつれ込む試合展開となったが、何とか勝ちあがることができた。これでベスト8となり4年連続関東大会への出場権を得ることができた。
引き続き5月3日(祝)にベスト4を賭けて東洋高校と対戦する。本校持ち前の粘り強さを存分に発揮し勝負に挑みたい。
会場:早稲田実業体育館
時間:10:15第1試合開始(本校は第2試合目)

熱い応援宜しくお願い致します!

2018-03-26

3月22日、23日に、サン町田旭体育館にて全国私学大会が行われた。まず5チームでリーグ戦を行い、勝ち上がると翌日の決勝トーナメントにコマを進めることができる。

試合結果(3勝1敗)
1試合目 対金光藤蔭高校(大阪府) 25−21,33−31
2試合目 山形城北高校(山形県) 17−25,25−23,15−13
3試合目 広島工業大学高校(広島県) 21−25,25−21,10−15
4試合目 啓新学園(福井県) 25−20,25−22

2日間を通して、全国レベルのチームと対戦する機会を与えられ、たくさんの事を吸収する事ができた。結果的には決勝トーナメントに進むことができなかったが、本校の粘りのバレーが存分に発揮された試合が多かった。接戦の展開が多く、厳しい状況からも諦めることなく集中して戦うことができた。
一方で、凡ミスによる失点で相手に流れを与えてしまう場面も多々あり、今後更なるレベルアップを図るためには一つひとつのプレーに確実性,安定性を身につける必要があるように思われた。
いずれにしても、この経験をこれからのチーム作りに生かし、個人として,チームとしてのスキルアップを図っていきたいと思っている。

連日、応援に駆けつけてくださった保護者、OBの方々、本当に有難うございました。今後もにちがくバレー部の応援、何卒宜しくお願い致します。

2018-02-20

2月18日(日)に電大高校にて新人決勝大会の2日目が行われた。1月に行われた1日目のトーナメント戦でベスト8までが決まり、今回2日目のトーナメント戦で最終の順位を決める。

試合結果
ベスト4決め 対 駿台学園 10−25,14−25

1セット目、序盤からミスが続いてしまい、1−7と引き離されてしまった。サイド攻撃も相手の高いブロックに阻まれてしまい中々打開策が見出せないまま、ほぼ一方的な試合展開となってしまった。
2セット目、序盤は相手のミスなどもあり4−5と粘ってはいたものの、トスミスやレシーブミスなどにより4−8。1回目のタイムアウト後に2段トスを決めたりブロックポイントなどで流れを掴みかけるが、6−12と引き離されてしまい2回目のタイムアウトを取った。中盤はサイドアウトが続いて11−17まで粘ってはいたが、その後6失点してしまいほぼ決着がつき負けてしまった。

全国上位レベルの強豪校と対戦し良い経験とはなったが、一方で力の差をまざまざと見せ付けられる形となった。体格差もある中で強豪校に太刀打ちできる術を身につけなければならない。個人の技術向上とチーム力の強化、メンタル面の強化を図り今後の試合に生かしていきたい。

寒い中、数多くの方々が応援に足を運んでくださいました。本当に有難うございました。今後も日学バレー部の更なる飛躍をご期待いただくと共に、応援の程宜しくお願い致します。

2018-01-22

1月21日(日)に、駒大高校にて新人大会(決勝大会)が行われた。この大会は先日行われた新人戦でベスト32に入っているチームと、全日本選手権決定戦に出場していた上位4チームでトーナメント戦を行い、新チームとしての実質の順位を決める大会である。また、次年度の関東大会予選のシード権もかかっている大会でもある。

試合結果
ベスト20賭け 対 杉並工業高校 25−15,25−15
ベスト12賭け 対 駒大高校 25−11,25−14
ベスト8賭け 対 関東国際高校 25−18,25−18

1試合目は杉並工業と対戦した。1セット目、スタートはまずまずだったが、序盤は本校のミスもあり中々流れに乗れない展開であった。5−4と若干リードはしていたが引き離すことができず中盤へ。少しずつ攻撃も噛み合い始め、18−14からサーブポイントも含め6連続得点でセットを取ることができた。2セット目も序盤は拮抗した試合展開であったが、終始慌てることなく徐々に点差を引き離し勝つことができた。

2試合目は駒大高校と対戦することとなった。秋に公式戦で対戦し、本校はストレートで勝っている相手ではあったが、決して気を緩めない試合になることが予測された。
1セット目、案の定序盤から拮抗した試合展開となった。若干のリードはしていたが本校のサーブミスなどで中々リズムに乗れない。10−7まで何とか我慢し、ブロックポイントや相手のミスから少しずつ本校に流れが傾き始めた。その後もサーブポイントが適宜決まり16−8と引き離した。終盤も相手に流れを与えることなく、最後まで集中してセットを取ることができた。
2セット目、スタートから攻め込み相手にプレッシャーを与えたいところではあったが、序盤で5連続失点してしまい1−5となったところで早くも1回目のタイムアウトを取ることとなった。それを機に立て直しを図り、7連続得点で8−5と逆転した。その後もサーブポイントやブロックポイントが適宜決まり、13−6まで引き離した。中盤は相手も立て直し一進一退の展開となったが、相手のミスなどから一気に決着をつける形で勝つことができた。

3試合目はベスト8を賭けて隣のコートから勝ちあがってきた関東国際高校と対戦することとなった。
1セット目、本校が立て続けにミスをしてしまい、1−5と劣勢からのスタートとなってしまった。その後ブロックポイントなどで得点を上げるも勢いが上がってこない。7−9までズルズルと進んだが、ここでも連続でブロックが決まり10−10でやっと追いついた。流れを掴み一気に攻め込みたいところではあったが、相変わらずムードが上がってこない。しかし、14−14からスパイクやブロックが適宜決まり、何とか相手を振り切りセットを取ることができた。
2セット目、ミスからのスタートで相変わらず盛り上がりに欠ける展開となり、4−7と劣勢の序盤となった。その後も単調な雰囲気は続いたが、13−13から攻撃も噛み合い、ピンチサーバーのサーブポイントなどから5連続得点で相手を引き離した。決して締りのある試合内容ではなかったが、最後は相手を振り切る形で勝つことができた。

今大会でベスト8に入り、2月18日の決勝大会2日目にコマを進めることができた。今まで中々打ち破ることができなかったベスト8の壁ではあったが、更なる高みを目指してこれからも日々精進していきたいと思っている。
寒い中応援に駆けつけてくださった皆様、本当に有難うございました。

2017-12-25

12月23日に中大附属体育館にて私学大会の2日目が行われた。

試合結果 第3位
ベスト4賭け 対東洋高校 25−20、25−17
準決勝 対東亜学園 19−25、11−25

1試合目はベスト4を賭けて東洋高校と対戦した。相手は1月に行われる春高バレー出場を控えているため、新チームのベストメンバーかは分からないが、いずれにしても強豪校であることは間違いなく、挑戦する気持ちを持って試合に挑んだ。
1セット目、スタートから3連続失点と出鼻をくじかれてしまったが、1−4からサーブポイントや相手のミスなどで11−4と一気に流れを変えた。その後相手も立て直し11−9と追い上げてきた。中盤は若干のリードを保ちつつも我慢の展開となったが、クイック攻撃やサーブポイントが決まり16−11と引き離した。まだまだ安心できる点差ではなかったが、粘りのバレーとブロックポイントが適宜決まり、終盤は拮抗した展開ではあったがなんとかセットを取ることができた。
2セット目、勢いを保ったまま一気にスタートダッシュをかけ6−1と引き離すも、その後は流れが相手に傾き7−5まで追い上げられた。その後は一進一退の攻防が続いたが、相手のミスから本校に流れが傾き19−9まで引き離した。終盤はサーブミスなどで若干劣勢の展開であったが、ギリギリのところで踏ん張り、逃げ切る形で勝つことができた。

準決勝は東亜学園と対戦することになった。東亜学園も春高バレーの出場が決まっており、東洋高校同様ベストメンバーかは分からなかったが、胸を借りるつもりで挑んだ。
1セット目、またしても3連続失点からのスタート。その後立て直し7−8までなんとか持ちこたえた。しかし、本校のミスが相次ぎ7−11となったところで1回目のタイムアウトを取った。その後も我慢の展開は続いたが、11−15から5連続失点。途中2回目のタイムアウトを入れるも流れを引き戻すことはできなかった。11−20と点差が開いた状況となってしまったが、相手のミスなどにも助けられ18−23と若干追い上げたが最後は振り切られセットを落とした。
2セット目、選手の表情に暗さが見られたが7−9までは劣勢ながらも粘っていた。しかし、がらりと相手の流れになり6連続失点。その間2度のタイムアウトを入れるも、相手の怒涛の攻撃と本校の雰囲気の悪さから一気に攻め込まれ、なすすべなく負けてしまった。最終的には今大会は東亜学園が優勝した。

私学大会1日目の早稲田実業戦から立て続けに全国レベルの強豪校と公式戦で対戦する事ができて、選手はとてもいい経験ができたと思う。結果的には第3位という本校としては中々良い成績を収めることができたが、一喜一憂している状況ではない。年が明け1月21日(日)に行われる新人決勝大会に向け、更にレベルアップし上位に食い込むことができるよう頑張らなくてはいけない。

今年もたくさんの方々が応援に足を運んでくださいました。本当に有難うございました。
2018年も、にちがくバレー部を応援してくださっている方々に、1試合でも多く感動を与える事ができる様、チーム一同頑張りますので今後も応援の程宜しくお願い致します。