部活動

バレーボール部

関東大会出場を1つの目標として、常に上位を狙おうとする向上心とバレーボールの研究心で日々練習に励んでいます。チーム一丸となって大会に挑めるように一人一人が自覚と責任を持った行動をとり、目標に向かって取り組んでいます。

部活動・委員会一覧
2017-11-13

11月12日(日)に電大高校にて新人大会(2日目)が行われた。先週の予選リーグを勝ちあがったチームでトーナメント戦を行い暫定の順位を決める。
今大会は、都上位4チームはこれから行われる春高出場決定戦があるため今大会へは出場せず、それ以外の全チームが4つのトーナメントに分かれ、各トーナメント1位が暫定のベスト8,2位がベスト12,3位がベスト16となる。
来年の1月21日に新人決勝大会があり、そこで上位36チームで戦い、新チームの正式なランキングが決まる。

試合結果
対 日大豊山高校 25−10,25−8
対 日大三高校 25−7,25−15
決勝 対 東海大菅生高校 16−25,21−25

1試合目は、先週隣のリーグから勝ちあがってきた日大豊山高校と対戦した。
序盤から本校優位の試合展開で、相手に反撃の余地を与えず勝つことができた。
2試合目は、日大三高と対戦した。1セット目は、前の試合同様一気に攻め込み、勢いを止めることなくセットを取ることができた。2セット目は、サーブミスなどから相手に流れを与えてしまう場面があったが、大きく乱れることなく最後まで集中して勝ち上がることができた。
3試合目はトーナメント決勝で東海大菅生高校と対戦することになった。3試合連続ではあったが、体力的にはほぼ問題ない感じであった。
1セット目、序盤は相手のミスやサーブポイントなどで5−2と若干リードしたものの、相手も立て直し6−6と追いつかれた。その後は拮抗した展開となったが、9−8から4連続失点してしまい1回目のタイムアウトを取った。何とか立て直し12−12とするもその後サーブミスから再度4連続失点し13−17と引き離されたところで2回目のタイムアウト。15−18と反撃したいところではあったが、相手の怒涛の攻撃に我慢しきれず6連続失点。16−25でセットを落としてしまった。
2セット目、一度リセットして本校のバレーをすべくコートに送り出した。しかし、序盤から相手の流れで2−5と引き離されてしまった。タイムアウトなどで流れを引き戻そうとするも5−10となり、これ以上引き離されると厳しい状況になってしまうが、その後サーブポイントで5連続得点し10−10と追いついた。中盤は一進一退の攻防で我慢の展開になったが、15−15から徐々に相手に流れが傾き始めてしまった。16−20となったところで2回目のタイムアウトを取り立て直しを図ったが、最後は振り切られ負けてしまった。

特に拮抗した試合では、チームの強みを存分に発揮し勝ちパターンに持っていけるかどうかが鍵となる。そういった意味では、相手の高さ、サーブ、ブロック、攻撃力に対して、本校の粘りのバレーができなかったことが大きな敗因であったように思われる。
この悔しさを忘れず、次の大会でリベンジすべく今後も日々努力していきたいと思っている。

2017-11-06

11月5日(日)に、都立武蔵高校体育館にて新人戦(1日目)が行われた。5チームでの変則リーグ戦を行い1位通過すると暫定のベスト32となり、12日(日)に行われる2日目にコマを進めることができる。

試合結果
対 多摩科学技術高校 25−4,25−9
対 都立立川高校 25−2,25−15
予選リーグ決勝 対 都立三田高校 25−12,25−17

3試合とも大きな崩れも無く勝つことができたが、連続失点を与えてしまうと会話が減り雰囲気が下がってしまうという点が課題であった。
新人戦2日目は11月12日(日)に電大高校体育館にて、隣りのリーグから勝ち上がってきた日大豊山高校と対戦することが決まっている。タイトな試合が続くとは思われるが、しっかり調整を行い一戦一戦勝ちにこだわって勝負したいと思っている。

2017-10-30

10月29日(日)に、駒大高校にて8支部大会が行われた。今年度の参加チームは8チームで、トーナメント戦で行われた。

試合結果
対 世田谷学園 25−8,25−7
対 日大桜丘 25−22,25−14
決勝 対 駒大高校 25−9,25−18

3年生が引退して、新チームとなって始めての公式戦ということもあり、緊張感を持って試合に臨んだ。
3試合を通して、優勢時と劣勢時のムードのばらつきが大きいという課題は依然残ったが、2年連続して優勝できたことは非常に喜ばしく、今大会の優勝を今後の弾みとすると共に、この結果に驕ることなく、これからも向上心をもって日々精進していきたいと思っている。
来週から始まる新人大会に向けて、また一つギアを入れて頑張りますので、今後も日学バレー部の応援を宜しくお願い致します。

2017-09-11

9月10日(日)に成城高校にて、全日本選手権(春高バレー)一次予選の2日目が行われた。8月20日に一次予選の1日目が行われ、勝ち上がった32チームでトーナメント戦を行い、上位4校が代表決定戦へとコマを進めることができる。

試合結果
ベスト16賭け 対 多摩大目黒高校 25−13,25−15
ベスト8賭け 対 東洋高校 11−25,25−19,14−25

本校の第一試合目は多摩大目黒高校と対戦した。練習試合などもよく行い、今年度は初めて両校揃って関東大会に出場した。したがって、お互い相手の手の内は分かっており、勢いをつけさせると非常に厄介なチームである。
1セット目、相手のミスから一気に流れを掴み11−1と引き離した。その後は拮抗した展開となったがサーブポイントやブロックポイントが適宜決まり、相手に終始勢いを与えずセットを取ることができた。
2セット目、序盤から若干優勢な試合展開であったが、常に気を抜けない状態であった。結果的には最後まで集中力を切らさず勝つことができた。

第二試合目はベスト8を賭けて東洋高校と対戦した。全国大会の常連校でもあり、8/22の私学大会では本校はストレートで負けた相手でもあった。胸を借りるつもりで、あわよくば勝ちたいという気持ちを抱いて戦いに挑んだ。
1セット目、スタートはまずまずであったが本校のサーブミスを機に連続失点し我慢の展開となった。8−9までは大崩れはせずに何とか持ちこたえていたが、その後は相手の怒涛の攻撃と本校のミスが相次ぎ、途中2度のタイムアウトも効果なく歯車が噛み合わないまま、まさかの12連続失点をしてしまった。さすがに意気消沈してしまう展開ではあったが、次のセットにつなげるべく終盤は多少の粘りを見せた。
2セット目、完全に気持ちを切り替えてスタートから全力を出し切ることを伝えコートに送り出した。序盤にクイック攻撃や連続サーブポイントにより流れを掴み、ムードもよく勢いに乗ることができた。10−5となったところで相手がタイムアウトを取り徐々に追い上げを図ってきた。13−10と差を縮められたが、攻撃陣が踏ん張り16−10となったところで相手は2回目のタイムアウト。その後は一進一退の攻防が続いたが、まさに本校の粘りのバレーを発揮し盛大な応援にも後押しされセットを取ることができた。
3セット目、序盤に流れを掴んだほうが有利に試合を進めることができる訳だが、相手にその流れを与えてしまう展開となってしまった。4−11と一気に差を広げられ、中盤以降も中々差を縮めることができなかった。終盤に5連続得点するも力及ばず負けてしまった。

今大会をもって3年生8名は引退することになった。彼らは部員として選手として3年連続関東大会出場に貢献し、昨年度卒業した2名の先輩と共にチームの主軸として頑張ってくれた。また、チームを強豪校へ仲間入りさせるべく、その道しるべを作ってくれた代でもあった。
その功績を称えると共に、これからの数ヶ月間も日学バレー部員として、卒業後も日学バレー部OBとして、後輩たちへの良きアドバイザーとなってあらゆる場面で活躍してもらいたい。また、部活動で得た様々な経験を今後の人生に生かしてもらいたいと切に願っている。
色々辛い事もあったとは思うが、よく頑張った!お疲れ様!!

2017-08-21

8月20日(日)に東京成徳大高校体育館にて、全日本選手権(春高バレー)一次予選の1日目が行われた。

試合結果
対 国分寺高校 25−12,25−14
対 東京成徳高校 25−9,25−12

予選1日目は、スターティングメンバーを変えるなどして全員バレーで挑んだ。つまらないミスが多少見られたが勝ち上がることができ、現段階でベスト32となった。一次予選2日目は、成城高校体育館にて9月10日(日)に行われる。1試合目の対戦相手は隣りのコートから勝ち上がってきた強豪多摩大目黒高校とベスト16を賭けて対戦することが決まっている。
1試合でも多く勝てるよう、これからの練習を充実させ、戦う集団としてべストを尽くしたいと思っている。

2017-08-18

8月16日(水)に、電大高校体育館にて夏季私学大会(1日目)が行われた。この日にベスト8まで決め、勝ち上がると決勝トーナメントにコマを進めることができる。

試合結果 (ベスト16)
対 目黒学院 25−5,25−11
対 電大高校 25−6,25−9
対 東洋高校 19−25,19−25

1試合目、2試合目共に危なげなく勝ちあがることができ、3試合目はベスト8を賭けて東洋高校と対戦することになった。
1セット目、出だしから攻撃が機能せずいきなりの5失点で0−5からのスタートとなってしまった。出鼻をくじかれた形となってしまったが、徐々に立て直し6−8まで追い上げた。その後はサーブやブロックポイントで流れを掴み4連続得点を挙げ10−8と逆転した。中盤は我慢の展開が続いたが、13−11となったところで相手に流れが傾き始めてしまった。2度の4連続失点から15−20と引き離されてしまい、終盤若干の粘りを見せるもセットを取られてしまった。
2セット目、序盤はクイック攻撃が機能していたが、相手も攻撃の手を緩めず一進一退の攻防となった。6−6となったところからもお互い一歩も譲らず12−12。その後、少しずつ相手のリズムで試合が進むようになった。16−19となったところで1回目のタイムアウトを取った。終盤で巻き返しを図りたいところではあったが、徐々に引き離され負けてしまった。

程よい緊張感の中、選手は集中力を見せ健闘したが、何よりも他校の会場にも関わらず控え選手や保護者の応援には目を見張るものがあった。部員が増えたことで応援の規模も大きくなるわけだが、当然コートでプレーする選手の励みとなったことは間違いない。プレーヤーはみんなの思いを背負って、チームの代表として戦っているという自覚をもっと持つべきだと思う。今後も全員が更なる向上心を持ち意識を高めていくことで一層チーム力を上げていきたいと思っている。

次の大会は、8月20日(日)に全日本選手権一次予選(春高予選1日目)が、東京成徳大高校体育館で行われる。まずは、1日目を勝ち上がることを目標にしっかりと調整していきたい。

2017-07-23

7月21日(金)に桐蔭学園にて関東私学大会が行なわれた。今大会は、冬の私学大会の結果を踏まえて出場することができ、今年度は関東で64チーム(グループA:32チーム,グループB:32チーム)が参加した。
本校は、最近の実績が評価され、グループA(各県上位チーム)で出場することとなった。

試合結果(21日予選リーグ)
対 白鷗大学足利高校(栃木) 25−12,25−15
対 日本航空(山梨) 14−25,12−25
対 城北高校(東京) 25−15,25−9

1日目の予選リーグは4チーム総当たりで行われ、1試合目は白鷗大学足利高校と対戦した。1セット目、序盤からコンビバレーが機能し本校優位で試合を進めることができた。2セット目は、多少選手を入れ替えて臨んだが、控え選手も伸び伸びとコートで躍動し、ほぼワンサイドで勝つことができた。ただし、ミスからのスタートと試合途中での連続失点は今後の課題となった。

2試合目はインターハイ出場校でもある強豪日本航空高校と対戦した。どこまで本校のバレーが通用するかを試す良い機会となった。
1セット目、スタートはブロックポイントやクイック攻撃が適宜決まり、まずまずのスタートであったが、3−3から相手の速さと機動力に翻弄されて4連続失点をしてしまった。その後も中々立て直すことができず、あっという間に6−14と引き離されてしまった。終盤に多少粘りを見せるも、力を出し切れず負けてしまった。
2セット目、何とか打開策を見つけ反撃したいところではあったが、劣勢になったときのムードを断ち切ることができず、表情も意気込みも沈んでしまうという一番ダメな状態に陥ってしまった。結果的に一方的に攻め込まれ、なす術無く負けてしまった。

3試合目は城北高校と対戦した。相手はほぼ新チームで本大会に挑んできており、本校もメンバーを入れ替えたり、新チームを想定した布陣で挑んだ。1セット目の序盤で5連続失点をしてしまう場面もあったが、概ね本校優位の試合展開で勝つことができた。

結果的に2勝1敗で2日目の決勝トーナメントにコマを進めることはできなかったが、控え選手が出場する機会も多々あり、本校の選手層の厚さは確認することはできた。一方で、プレー面での強化はもちろんのこと、精神的な強化は今後の大きな課題として取り組む必要があるように思われた。
今大会での経験を一つのきっかけとして、今後のモチベーションとして意識を高く持ち日々の練習に励んでいきたいと思っている。

暑い中応援に駆けつけてくださった皆様、本当に有難うございました。
今後も選手たちの成長とチームとしての成長を期待してください。

2017-06-19

6月18日(日)に、駒大高校体育館にてインターハイ予選(2日目)が行われた。本校は先週行われた1日目はシードだったので、2日目(ベスト16賭け)からの参戦であった。

試合結果
ベスト16賭け 対 都立武蔵野北高校 25−15,25−11
ベスト8賭け 対 東海大菅生高校 16−25,22−25

1試合目は、ベスト16を賭けてリーグ戦を勝ちあがってきた武蔵野北高校と対戦することになった。
1セット目、序盤から相手のミスもあり4−0と引き離した。その後も落ち着いて得点を重ね14−7と引き離したが、サーブミスやレシーブミスが重なり3連続失点。14−10まで詰め寄られてしまった。しかし、ここでも立て直しを図り4連続得点を重ねたところで相手は2回目のタイムアウト。その後も攻撃陣がうまく機能し、最後まで集中力を切らさずセットを取ることができた。
2セット目、勢いを持続した形でスタートから5−0と相手を引き離した。中盤で3連続失点してしまう場面はあったが、最後まで集中力とリズムを崩すことなく、また、相手の反撃を寄せ付けることなく勝つことができた。

2試合目は、ベスト8を賭けて東海大菅生高校と対戦することになった。連続しての試合ではあったが体力的には問題なく、選手のモチベーションもしっかり維持できているように思われた。
1セット目、スタートが試合を大きく左右すると思われたが、ディフェンスのミスなどにより2−6と劣勢に立たされてしまった。何とか流れを引き寄せたいところで相手のミスも見られ、中盤で11−12まで追い詰めた。しかし、本校のサーブミスから流れが相手に一気に傾き4連続失点してしまい、その間に2回のタイムアウトも使ってしまった。あとは選手の頑張りに期待したいところではあったが、相手に傾いた流れを食い止めることができず一方的に攻撃を受けセットを落としてしまった。
2セット目、気持ちを切り替えるよう指示してコートに送り出した。序盤で3連続失点してしまうが何とか踏ん張って6−6と拮抗した展開。その後は若干劣勢ではあったが本校の粘りのバレーも随所に見られ、サイドアウトの連続で2点差を追い上げる展開が続いた。16−18から連続失点したところで1回目のタイムアウト。それを機に巻き返しを図り19−20まで追い上げ、相手もタイムアウトを取った。最後まで緊張感のある展開であったが、結果的に相手に振り切られ負けてしまった。

ベスト8の壁を打ち破ることはできなかったが、今後強化すべき課題は多く見つけることができたと思う。
今回もたくさんの方々が応援に足を運んでくださり、控え選手と共に割れんばかりの声援を送っていただいた。その人達の思いもしっかり受け止めて今後も日々練習に尽力していきたいと思っている。
応援有難うございました。

2017-06-05

6月3日,4日に、茨城県ひたちなか市総合体育館をメイン会場として、第71回関東高等学校男子バレーボール大会が行われた。関東8都県から計50チームが出場し、本校は3年連続5回目の出場となる。
前日の6月2日に茨城県入りし、午前中は出場校の12校で練習試合を行い、午後からひたちなか市総合体育館において行われる開会式に向け出発した。開会式では東京代表として入場行進を行い、終了後は宿舎で翌日の試合に備えた。

試合結果
対 霞ヶ浦高校(茨城県) 18−25,18−25

本校は、茨城県武道館にて第2試合目に霞ヶ浦高校と対戦した。相手は全国大会の常連校であり、春高バレーに出場する際は本校の体育館を練習会場として使用したりすることもある。また、監督同士が大学時代の同級生ということもあり、関東大会という公式戦で対戦するにあたって何かの縁を感じたと同時に、胸を借りるつもりで挑んだ。
1セット目、スタートはクイック攻撃やブロックポイントなどで4−2とリードするも、本校も硬さからかミスが相次ぎ6−9となったところで1回目のタイムアウトを取った。その後も中々立て直すことができず2回目のタイムアウトを取るも8−16と引き離されてしまった。その後は相手のミスもあり少しでも追い上げたいところではあったが、中々差を縮めることができずセットを取られてしまった。
2セット目、スタートこそ良くなかったものの、序盤から我慢のバレーでサイドアウトの応酬となった。15−14とリードしていたが、そこから3連続失点し1回目のタイムアウト。17−18となり引き離されまいと粘るも、相手に流れが傾くと一気に引き離され敗戦した。

関東大会という舞台で、強豪校と対戦できたことは大きな経験となった。このような経験をすることができたのは、保護者やバレー部OB,学校関係者をはじめ、本校バレー部に関わっていただいたたくさんの人達の支えによって成し得たものであることを忘れてはならない。その人達のためにも今後も精進して、もっともっと魅力のあるチームにしていかなくてはならない。
当日、遠路はるばる会場に足を運んでいただき、声を張り上げて応援してくださった方々、本当にありがとうございました。選手,スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

尚、次の大会は6/18(日)にインターハイ予選(2日目)が駒大高校にて行われます。対戦相手は決まっておりませんが、どのチームと対戦しても全力で粘りのバレーを展開したいと思っておりますので、今後も応援の程宜しくお願い致します。

2017-05-08

5月7日(日)に、電大高校体育館にて関東大会予選(代表決定戦)が行われた。関東大会本戦へは、東京代表として12チームが出場できる。本校は現段階でベスト16であるため、残りの4つの枠を賭けてリーグ戦を行い、最終的に出場校を決定することになった。
対戦相手は決まっており、成蹊高校、日大三高校、上野高校とリーグ戦を行い、上位2チームが関東大会の出場権を得ることになる。

試合結果
対 成蹊高校 25−22,24−26,25−16
対 日大三高校 25−20,25−23
対 上野高校 代表決定のため試合は行われませんでした
※2勝0敗で関東大会出場決定!!

1試合目は成蹊高校と対戦した。
1セット目、出だしはまずまずで、10−5と点差をつけたところで相手が1回目のタイムアウトを取った。その後も大きく流れは変わらなかったが、13−6となったところから相手の猛攻と本校のミスが続き5連続失点してしまい13−11まで追い上げられてしまった。そこで本校も流れを変えるべく1回目のタイムアウト。しかし、その後も2点取られ13−13の同点になった。振り出しに戻った感じであったが流れは相手にあり、我慢の展開が続いてしまった。途中15−16と逆転され、今度は追う立場となった。17−19と点差は縮まらず2回目のタイムアウトを取った。その後はお互いミスを出し合い、19−21となったところでクイック攻撃やブロックポイントで同点に追いつき、相手も2回目のタイムアウトを取った。タイムアウト明けも本校のサーブポイントで流れを変えず、その後は一気に突っ走りセットを取ることができた。なんとも大味な試合展開であった。
2セット目、今後の試合のことも考えるとここで決着をつけたいところであった。序盤は1セット目終盤の勢いを維持し、本校優位の展開で9−3まで引き離したところで相手が1回目のタイムアウトを取った。その後は拮抗した展開であったが、16−8と優位の状況は変わらなかった。しかし、サーブミスを機に3連続失点。1セット目の7連続失点といったこともあるので気を引き締め直し、19−12となったところで相手は2回目のタイムアウトを取った。決して気を抜いたわけではなかったが、そこから流れが相手に一気に傾き始めてしまった。徐々に点差を縮められ、21−18となったところで本校は1回目のタイムアウト。その後はやや立て直し24−20としてあと1点まで相手を追い詰めた。がしかし、結果的にはそこから6連続失点し途中2回目のタイムアウトも相手の勢いを断ち切ることはできずセットを取られてしまった。
3セット目、嫌な雰囲気を断ち切るべく、気持ちを整えさせコートに送り出した。序盤からお互い流れを掴むまで一歩も譲らない展開であったが、クイック攻撃が随所に決まり少しずつ点差を広げ11−6となったところで相手は1回目のタイムアウトを取った。しかし、同じことを繰り返さないように集中力を切らさずその後も得点を重ね、17−10となったところで相手は2回目のタイムアウトを取った。もはや、25点を先に取るまでは全く気を抜けない試合展開であったが、最後まで集中力を切らすことなく勝つことができた。
流れを掴まれた時の恐さと1点取ることの難しさを改めて認識した試合であった。

2試合目は、日大三高と対戦した。
ここまでの試合結果により、本校が日大三高に勝つと関東大会出場が決まる展開であった。2試合分空いたので休息と気持ちの立て直しは十分できていたように思われた。
1セット目、勢いを持って挑み5−1と上々のスタートを切ることができたが、相手も流れを掴むと反撃してきて7−8と逆転されてしまった。中盤は一進一退の攻防でお互い譲らなかったが、14−13となったところで相手のミスから流れが本校に傾き、17−13となったところで相手が1回目のタイムアウトを取った。その後もクイック攻撃が有効に決まり、終盤に若干足踏みするも何とか逃げ切りセットを取ることができた。
2セット目、気負うことが無いようコートに送り出したが、序盤から中々歯車が噛み合わない。4−6とやや劣勢の状態ではあったが、慌てず少しずつ追い上げ中盤へ。お互い逆転を繰り返す中で3連続失点で12−13と逆転されたところで本校が1回目のタイムアウト。その後も一進一退の攻防は続き、16−14となったところで相手も1回目のタイムアウト。手に汗握る展開は続き19−19で並んだ。その後も両校ベンチワークも慌しく2回目のタイムアウトを取り合い、最後は勝負の行方を選手の勝ちたいという気持ちに委ねた。最後のワンプレーは、キャプテンが皆の気持ちを背負って二段トスを打ち切り勝つことができ、3年連続5回目の関東大会出場の切符を手にする事ができた。

当日もたくさんの日学関係者の方々が応援に足を運んでくださり、部員と一緒に大きな声を張り上げて応援してくれた。その人達の思いも後押ししてくれたことは間違いない。今後は、関東大会で一つでも多く勝つことを新たな目標として更なる飛躍を目指し頑張っていきたいと思っていますので、応援宜しくお願い致します。