教育方針

建学の精神

日本学園は、明治の大教育者であった杉浦重剛(しげたけ)先生が1885年に創設した東京英語学校が前身です。日本の私学としては指折りの長い歴史と伝統を持つ学校です。
 当時はいまの東京大学への進学をめざす若者のための予備校で、全国から英俊が集まりました。戦後日本の路線を敷いた吉田茂元首相や岩波書店創業者である岩波茂雄、日本画の横山大観など日本の政官界、経済界、芸術と文化の分野に優れた業績を残す多くの逸材を輩出しました。

 杉浦校祖は、社会に貢献する人材を育てたいとの考えから、生徒には「まさかのときに役立つ人間になれ」と説きました。また「社会の一隅を照らす人間になれ」とも教えました。

 ここには、立身出世を目的とするのではなく、社会がまさかの状況になったときに、しっかりと行動して役立つことのできる人間になってもらいたい。そして、どんな場所にあっても、そこを照らす人間であって欲しいという、高名でありながら生涯清貧だった校祖の願いが込められています。杉浦校祖は、教育の目的は単に知識の習得にとどまるのではなく、人間形成にあると考えていました。

 ところで、その人間形成に関して、杉浦校祖は「人は得意な道で成長すればよい」と生徒を型にはめることなく、伸び伸びと自己研鑽に励むことを奨励しました。ここに、本校の卒業生が多岐にわたる分野で活躍することになった秘密があるのかもしれません。
 生徒の個性を尊重する姿勢は、日本学園の<自由闊達な校風>として今日に受け継がれているものです。

 私立学校と公立学校の違いは、私立学校がそれぞれの<建学の精神>を掲げて子弟の教育にあたっていることです。私たちは、杉浦校祖の<人間の形成こそ教育の本分><自己の得意を伸ばす>という教えは、時代が変わっても不易の価値を持っていると考えます。

 私たちは、伝統ある日本学園の<建学の精神>を今日の時代により良く生かすべく、熱意を持って生徒の指導に当たる決意です。

にちがく信条

すべての生徒が充実した学園生活を送れる場であるために。

第1項・心とからだの安全を守る

かけがえのない自己の「心とからだ」を大切にすること、そして同じように他者の「心とからだ」 を思いやり、助けることを表しています。言葉にすると簡単なことのようですが、大人の世界でもいじめや暴力といった恥ずかしい事件があとを絶たないように、実行するとなると決して容易なことではありません。だからこそ学園生活の中で、社会は一人では決して成り立たないこと、個性の豊かさは社会の豊かさの証明であることを学んでいって欲しいと思います。 日本学園ではどんないじめや暴力も決して許しません。健全な環境で友人と切磋琢磨し、お互いを高めていきましょう。

第2項・知を涵養し学力をつくる

涵養とは長い時間をかけて地に水がしみこんでいくことを指します。 想像してみてください。コンクリートで覆われた地面に水を流したらどうなるでしょうか。自ら吸収しようとしなければ、どんなに栄養に満ちた水でも地の表面をなでるだけでこぼれ落ちてしまいます。だからこそ、生徒の内にある好奇心を引き出し、学びに対する主体的な姿勢を育むために本学園の教職員は努力を惜しみません。自ら学び得た知識は将来必ず支えとなってくれるでしょう。未知の世界に積極的に飛び出して叡智を広く求め、これと決めたことは誰にも負けないように深く学んで欲しいと思います。大輪の花を咲かすための豊かな土壌を培いましょう。

第3項・個の力を高め自主・創造の実践力を高める

日本学園は創立以来、世界に名だたる人物をいく人も輩出してきました。生徒諸君には、129年の伝統を有する本学園の一員としての高い誇りと強い責任感を体得し、日本を背負って世界で活躍する「大日本人」になって欲しいと思います。そのために、学園生活の中でしっかりとした基礎学力の土台を築き、その上で個の力を磨いてほしいのです。 過去の常識にとらわれない柔軟な発想に富み、誰も踏み入れたことがない道を率先して切り拓いていく力。21世紀に必要とされているのは、コンピューターが決して取ってかわることができない、人間固有の力です。現状に満足せず、常に新しいことに挑戦していきましょう。

Page top