部活動

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

インターハイ予選(2日目) 結果報告

投稿日2014/6/16

6月15日(日)に、成城高校体育館にてインターハイ予選(2日目)が行われた。本校は先週行われた1日目はシードだったので、2日目(ベスト16賭け)からの参戦であった。

試合結果
ベスト16賭け 対 小平南 25−14,25−22
ベスト8賭け 対 早稲田実業 15−25,14−25

1試合目は、予選1日目から勝ち上がってきた都立小平南高校と対戦した。
1セット目は、序盤から本校優位で試合が進み、19−5と大きく引き離して終盤に入った。しかし、相手も息を吹き返し、スパイクやブロックなどが決まり始め、結果的にはワンサイドでセットは取ったものの、若干相手に流れが傾いた状態で2セット目に入った。
2セット目は、序盤は一進一退の攻防で5−5、そこから相手のミスやブロックポイントなどで4連続得点し、若干流れが本校に傾いた。中盤は、本校のサーブミスなどにより中々引き離すことができず、14−13と接戦の様相。17−17までもつれ込む展開となったが、終盤で本校のスパイクなどが適宜決まり、連続ポイントを重ね振り切る形で勝つことができた。

2試合目は、先日行われた関東大会で数々の強豪校を倒し準優勝となった早稲田実業と対戦した。
1セット目は、序盤から本校も引き離されないよう何とかしがみつく展開で、9−8と若干リードでスタートした。しかし、そこから相手の攻撃が決まり始め15−16まで粘るも、本校のサーブミスを機に一気に8連続失点してしまい決着がついてしまった。
2セット目は、気持ちを入れ替えて良いイメージを持たせつつコートに送り出したが、スパイクミスやレシーブミスなどにより相手のペースで試合が進んだ。また、本校のローテーションミスなどにより、試合が中断するなどしてグズグズの試合展開になってしまった。そして結果的にほぼワンサイドで負けてしまった。

色々な面で反省点もあるが、この経験を無駄にはせず今後に生かしていきたいと思っている。暑い中応援に足を運んでくださった保護者やOBの方々、本当にありがとうございました。
次は7/23から始まる関東私学大会に向けしっかり調整していきたいと思っています。

トップページ
Page top