部活動

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

関東予選(2日目) 結果報告

投稿日2014/4/30

4月29日(火)に、安田学園体育館にて関東大会予選(2日目)が行われた。関東大会へは東京代表として12チームが出場できるが、2日目からはトーナメント戦となり、ここでベスト8までが決定する。

試合結果
ベスト32賭け 対 専大附属高校 25−12,25−19
ベスト16賭け 対 高輪高校 14−25,25−22,25−19
ベスト8賭け 対 関東一高校 10−25,21−25

初戦は、先週の予選リーグを隣りのコートから勝ちあがってきた専大附属高校と対戦した。
1セット目は、出だしからスパイクやサービスエースなどが適宜決まり、中盤で連続失点を与える場面もあったが、基本的には優位に試合を進めることができた。2セット目は、一転して序盤から一進一退の展開になった。スパイクミスなどで流れが掴めず、終盤19−18までもつれる形となったが、最後はサービスエースなどで一気に走り決着をつけた。

2試合目は、ベスト16を賭けて高輪高校と対戦することとなった。高輪高校には先の新人戦で辛うじて勝つことはできたが、レフトとライトに強力なスパイカーを有しており、厳しい試合になることは予想された。お互いここで負ければ今年度の関東大会出場の望みは絶たれてしまう大事な一戦となった。
1セット目、序盤から相手のムードに押され、全くといっていいほど自分たちのバレーができず、あっという間に取られてしまった。
2セット目は、崖っぷちの状態から何とか突破口を掴み、本来の粘りのバレーに持ち込む必要があった。出だしはまずまずのスタートで7−4とリード。しかし、そこからまさかの6連続失点で逆転されてしまう。タイムアウトを機に一度落ち着かせ、リズムを取り戻すことに集中させた。そこからは流れが行ったり来たりの展開であったが、終盤の大事な場面で相手のミスが出るなどして、最後は勢いを持って相手を振り切った。
3セット目は、流れがあるうちに序盤から一気に行きたいと思っていた。スタートはまずまずで引き離しにかかりたかったが追いつかれ5−5。そこからやっとエーススパイカーが奮起し、失点しない粘りのバレーが展開できるようになってきた。中盤で15−10とリードしたが、そこから終盤までは集中力と自信を持って挑んだ。その結果、本当に厳しい戦いではあったが何とか逃げ切る形で勝つことができた。

最終戦は、ベスト8を賭けて関東一高と対戦することとなった。前の試合でやっとの思いで勝ったという安堵感もあったが、ここは気持ちを入れ替えて次の一戦に集中したいところであった。胸を借りるつもりで勝負し、あわよくばチャンスをものにしたい。が、1セット目の出だしからひどい立ち上がりとなってしまった。いきなり2度の大量連続失点で1−9。その後多少立て直すもまた6連続失点。全く良いところが見られないままワンサイドでセットを落としてしまった。2セット目は、センター線が頑張りを見せ、所々食らいつく場面は見られたが、力及ばず負けてしまった。

結果的に本校はベスト16となり、関東大会出場に望みをつなげた。5月3日(土)に電大高校体育館にて最終決定戦を行い、残り4校の枠を賭け片側4チームのリーグ戦を行い、それぞれ上位2校が関東大会に出場できる。
対戦相手は決まっており、第1試合目で聖徳学園、第4試合目で多摩大目黒高校、第6試合目で駒大高校とリーグ戦を行う。ここまで来たからには、何としてでも勝つという強い気持ちを持って、チーム一丸となって試合に挑み、結果で示したい。
今後とも、ご声援の程宜しくお願い致します。

トップページ
Page top