フットサル部

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

第13回東京都フットサル大会(U-18)

投稿日2014/1/8

1月11日(土)、12日(日)

墨田区総合体育館にて

参加チーム
3チーム
日本学園アルバトロス(2年)
ビーバーズ(1年)
カープ(3年)

この大会は、東京都のチャンピオンを決定し、
優勝チームには3月に行われる全国大会出場権が与えられます。

11日(土)にアルバトロス
12日(日)にビーバーズとカープが1次予選を戦いました。

アルバトロスはシード扱いの組み合わせで、
砂川高校
都立大山定時制
筑波大附属サッカー部Aの3チームと同グループでした。

ビーバーズは
府中アスレティックFCU-18
都立大山高校2
FCエルグアッヘ

カープは
東京成徳大学高校フットサル同好会
自由ヶ丘学園
サマンサ目黒

結果としては、
カープが自由ヶ丘学園と東京成徳に攻められながらも勝ち、
サマンサ目黒に引き分けて2勝1分の1位になり、
26日の決勝トーナメントに進出します。

アルバトロスとビーバーズは共に初戦に勝ったのですが、
その後2連敗をして両チームともリーグで3位となり予選敗退しました。

ビーバーズは、1年生ながらFCエルグアッヘ(駒沢大学高校サッカー部3年の有志と聞きました)にも善戦し、次につながる大会になったと思います。

アルバトロスはけが人も数名いて選手層が薄くなってしまったこともあり
残念な結果となりました。次にステップアップするために大会にのぞむ姿勢、普段の練習への態度から改めていく必要があります。

26日は
筑波大学附属高校体育館にて、
ベスト8の試合が、12:30Kick off
準決勝が、 15:00Kick off
決勝が、 17:00Kick offです。

 

トップページ
Page top