中学受験の方へ 高校受験の方へ 在校生・保護者の方へ

お知らせ

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

2018年度全国大会(12/30@ナレッジキャピタル)

投稿日2019/3/19

 

 モノポリー体験会が終わった後、顧問は新幹線に飛び乗って大阪へ・・・

 昨年4月の会長杯で優勝した中3生が全国大会に参加するため帯同してきました。

 29日は新大阪のホテルのロビーで前日イベントも兼ねたラストチャンス大会が実施されました。(←顧問も最後の枠を狙って参加しましたが権利獲得ならず・・・)生徒もイベントには参加しいいウォーミングアップになったようです。

 今回の会場は梅田「グランフロント大阪」内にある「ナレッジキャピタル」で行われました。ここ最近大阪駅周辺では再開発が進められていて、工事中の空き地が目立ちます。

↑グランフロント大阪からみた周辺の様子です。新しいビルも続々建っています

 

 

↑ナレッジキャピタルは大阪環状線版にも登場しています。大阪ステーションシティとともにダークブルーの位置にあります。アトランティックシティ版ではナレッジキャピタルはパークプレースの位置にあります。

 

 全国大会は予選を3ゲーム実施します。最初の2ゲームで決勝進出者2人を決定し、最終ゲームで残り2人を決定します。基本的にモノポリー勝ちを何回したかが基準となります。

〔第1ゲーム〕

 序盤はブラウンをそろえてホテルを建て、さらにライトパープル2枚を持った状態ですすみます。中盤残りのライトパープルを自力で買いライトパープル7軒までいきますがその後いわゆる「殴り合い」の状態で家が増えたり減ったりしているうちに時間切れとなりました。

〔第2ゲーム〕

 中盤に入るところでダークブルーに家を4軒建てられる状況になりましたが、さあこれからというところでオレンジ(550萬)→レッド(700萬)と連泊してしまいあっという間に破産してしまいました。

〔第3ゲーム〕

 第1ゲームと同様にブラウンをそろえてホテルを建ててスタート。こちらは第1ゲーム以上にブラウンに他の人が止まり現金が1500萬くらいまでたまります。レッドを持っていたこともありレッドをそろえさせてもらい7軒立てて十分勝負できる状況になりましたがレッドには誰も止まらず・・・終盤時間切れギリギリまで粘りましたが最後は破産という結果になりました。

 

今回参加したN君に感想をかいてもらいました。

〔感想〕

 私は12月30日に行われたモノポリーの全国大会に行ってきました。

 会場は大阪でした。29日の大会前に大阪に行き、大会前最後のモノポリーをしました。とても楽しくできたので全国大会が楽しみになりました。

 全国大会は3ゲームやって結果に応じて決勝にいける仕組みでした。結果は2敗1分でした。あまりいい結果ではなかったけど楽しめたのでよかったです。今年は残念な結果でしたが来年も全国大会目指して頑張りたいです。

 

〔顧問より〕

 ランキング戦や連盟で中高生のみ、というのではなく周りがほぼ全員社会人という普段とは違った環境だったのですごく緊張していたと思いますし、第3ゲームではだいぶ疲れも見えていましたが最後までしっかりとゲームをしていたと思います。時間制限も普段よりきついのもあり、早いペースについていくのも苦労したのではないかと思います。その中でも第3ゲームは勝ちにいける状況まで持っていくことができたのは今回一番よかったところではないでしょうか。同時に第3ゲームでは疲れからか自分がいくら現金を持っているか全く把握できていない状況がしばらく見られました。(金種をバラバラのまま持っていました)ここがきちんとできていれば決勝へいくチャンスもあったかもしれません。

 いずれにしても年代の異なる人と一緒にプレーするというのはなかなか得難い経験だと思います。今後のゲームにはもちろんのこと、普段の生活や学習などでも「あのときこうだったから・・・」など、今回の経験を上手く活かしていってほしいと思います。おつかれさまでした!

 

トップページ
Page top