中学受験の方へ 高校受験の方へ 在校生・保護者の方へ

お知らせ

新着図書紹介(12/5-12/12)

投稿日2020/12/12

1.ニック・アーノルド『子供の科学STEM体験ブック』誠文堂新光社(407/A):ひらめきから生まれた道具や技術を紹介しています。
2.森川博之『5G』岩波書店(547.62/Mo):5Gの技術的特徴や、使い方などを解説しています。
3.山本淳子『紫式部ひとり語り』KADOKAWA(910.23/Y):紫式部が人生を振り返った体で書かれています。ほか関連書1冊入りました。
4.関正生ほか『動詞キャラ図鑑』新星出版社(835.5/Se):動詞をキャラ化して核心のイメージを分かりやすく解説しています。
5.小川糸『旅ごはん』白泉社(914.6/O):旅行と料理のエッセイ集。
6.関口尚『空をつかむまで』集英社(913.6/Se):中高生向け小説。主人公はトライアスロン大会に挑む中学生男子。
7.原島一男『心をなごませる感じのよい英会話』ベレ出版(837.8/H):英会話の上品な思いやりフレーズなどを紹介しています。
8.伊藤賀一『読んだら忘れない明治維新』アスコム(210.61/I):流れを知って読解力と表現力を鍛える。著者はスタディサプリの人気講師。
9.富樫英樹監修『小さい選手が大きい選手に勝つためのバスケットボール・スキル』マイナビ出版(783.1/C):正しい基本姿勢を身につけてスピードで勝つ。監修者は富樫勇樹選手の父親。
10.編集部『キャリア教育に活きる!仕事ファイル8~13』小峰書店(366/Ky/8-13):いろいろな分野で実際に働いている人を取材して仕事内容を学ぶシリーズ。

トップページ
Page top