中学受験の方へ 高校受験の方へ 在校生・保護者の方へ

硬式野球部

夏季東京都大会 ・第3回戦の結果

投稿日2020/8/3

7月30日に行われました、夏季東京都大会・第3回戦のvs世田谷学園は、1−5で敗退いたしました。

日本学園:000 100 000・・・1
世田谷学:210 002 00X・・・5

投手:森田(賢)ー五十嵐ー岩村
捕手:石田

2回戦の快勝が逆に気負いとなってしまったのか、選手達に緊張の様子が見られました。
しかし、その立ち上がりを見逃さず、先制・追加点とたたみかけてきた世田谷学園には、『さすがは強豪校』と脱帽せざるを得ませんでした。
ようやく落ち着きを取り戻した4回には、3番・横手の二塁打と4番・伊藤のタイムリー三塁打で反撃ムードを作りましたが、相手投手は前戦の日野台高校の投手を上回る好投手で、最後までとらえ切ることができせんでした。

この試合に向けて、全力でサポートして頂き、試合に集中できる環境を整えてくださった父母会の皆様には心より感謝申し上げます。
『勝利』という形で感謝の気持ちをお伝えすることはできませんでしたが、例年とは大きく異なる状況・環境の中であるにも関わらず、皆様のご支援・ご協力のおかげで選手一同、悔いのないプレーができました。
本当にありがとうございました。

この試合をもちまして、3年生部員達は現役を引退することとなりました。
例年であれば、最も充実した時間になるはずだった春シーズンを『自宅での個人練習』で過ごさなければならなくなり、本当に悔しく、無念だったろうと思います。しかしながら、秋季大会では強豪・東亜学園を撃破し、創部初となる『ベスト16』進出を果たし、夏季大会のシード権を獲得しました。入学・入部以来のキャッチフレーズであった『最強世代』の名に恥じない足跡を、後輩達に、そして日本学園硬式野球部に残してくれました。また、校内練習も対外試合もできず、チームメイトと顔を合わせることもままならない状況にも挫けることなく、6月の練習再開からわずか1カ月で、実力校・日野台高校に圧勝し、強豪・世田谷学園と互角に戦うまでにチームを立て直した精神力・団結力は、まさに『最強世代』の名にふさわしいものだったと思います。
本当にお疲れ様でした。

2年生・1年生部員達は、翌日より新チームをスタートさせ、秋季大会に向けてより一層の努力・精進を誓っている次第です。
今後とも、日本学園硬式野球部を宜しくお願いいたします。

トップページ
Page top