山岳部

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

夏期合宿 立山連峰へ

投稿日2018/8/4

2018年7月31日(火)
夏期合宿へ向けて準備をしました。団体装備と個人を点検し、食料の買い出しに行きました。教室に戻り、部でまとめて準備した行動食を部員たちに均等に振り分けました。荷物を全てザックに詰め込み、集合場所を確認し、解散しました。

2018年8月1日(水)
東京駅―(北陸新幹線)―富山駅―(富山地方鉄道)―立山駅―(立山ケーブル)―美女平駅―(高原バス)―室堂ターミナル…(40分)…雷鳥平・テント設営・炊事・夕食・消灯
今回の夏期合宿は、室堂近くにある雷鳥平にテントを張り、立山を目指しました。雷鳥平は広々とした真っ平らなキャンプ場で、水場やトイレもありゆったり休める所でした。室堂に着いた頃には立山連峰の頂上に霧がかかっていましたが、雷鳥平でテントを設営し、炊事をしていたら、霧が晴れ立山連峰が綺麗に見渡せました。ご飯とポトフを作りました。大変美味しく出来ました。夕食が終わり、紅茶を飲み食器や鍋を洗い、テントの中で横になると、日がかげり始めました。東京は連日真夏日が続いていましたが、雷鳥平は日がかげると、たちまち寒くなりました。皆、高原の気温の日格差を体感し、直ぐに長袖の防寒具を着ました。辺りが暗くなると、東京で見るよりも沢山の星が綺麗に見えました。火星、金星、さそり座、天の川を眺めてから、明日に備えぐっすり寝ました。

トップページ
Page top