中学受験の方へ 高校受験の方へ 在校生・保護者の方へ

職員室リレートーク

「新年度を迎えて」 土居先生(中学部長・音楽科)

投稿日2020/4/15

 新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。在校生のみなさん、進級を迎え、気持ち新たに頑張っていきましょう。

 さて、新しい年度の最初から大変な状況を迎えてしまいました。皆さんも毎日ご自宅で今までと違った生活に戸惑っていることと思います。先日は皆さんへ教科書など教材と課題や通信などをお送りしました。『宝の箱』は如何でしたか?

 皆さんにぜひお願いしたいのは、自分で自分のことをコントロールしていただくことです。もし、今学校に来ることができていたら、この時間は何をしているか考えてみましょう。体育も課題は出されている学年もあることでしょう。それは皆さんの体力を落とさないことはもちろん、まず与えられたことを自分の意志で実行する大切さを実感してもらうためにあります。それぞれの課題に期限があり、自宅でも十分にできる課題が出されています。

 音楽も課題を出しました。それぞれの学年に対して出した課題は、自分で考え、丁寧に、正確に進めることが重要です。課題は皆さんの作品であり、観る人(今回は先生方になります)がどのように感じるかを想像しながら、しっかりと仕上げることが大切です。課題の中にある音符はとても奥深いものです。音符♪(8分音符と言います)のしっぽの部分『はた』と言いますが、この書き方ひとつでその出来栄えをかなり違ってきます。

 では、美しい課題を仕上げるにはどうしたら良いでしょうか? それは疑問を探し、解決させることです。例えば先ほどの音符♪ひとつとっても、皆さんは今いろいろな検索ツールを持っていらっしゃることと思います。それを駆使して、疑問を解決していきましょう。試しに、『音符の書き方』で検索すると、わりとトップで説明してくれるサイトが出てきます。面倒なことにあえて挑戦する、これが皆さんを成長させることにつながります。勉強はとてもおもしろいものです。『無理』と言わずに挑戦しましょう。

 皆さんとお会いするまでまだしばらくの時間があります。皆さんがしっかりと自分をコントロールして、課題だけでなく、更に自分のために今できることを模索し、ひと回り大きく成長して登校していらっしゃることを楽しみにしています。

トップページ
Page top