中学受験の方へ 高校受験の方へ 在校生・保護者の方へ

表象文化研究部

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

観劇「ヴェニスの商人」(明大シェイクスピアプロジェクト)

投稿日2018/10/31

昨年はシェイクスピア劇「トロイラスとクレシダ」を見に行きましたが、今年は有名な「ヴェニスの商人」に行きます。映画では金貸しのシャイロック役をアル・パチーノが演じています。ユダヤ人をめぐる問題は、ナチスドイツの差別・迫害の問題だけではなく、最近アメリカでも事件がありましたし、シェイクスピアの時代(16世紀~17世紀)の時代ー資本主義が勃興してくる時代に、すでに芝居のなかで扱われていることは知っていていいと思います。

 

この話は、いくつかの演出方法があるようですが、特に女性主人公のポーシャが、男性判事に男装するおもしろい展開をみせる場面もあり、とても楽しめます。明治大学の生徒達が、大ホールで毎年無料で見せてくれるこのイベントに今年も参加します。

 

 

 

 

 

トップページ
Page top