中学校

中学茶話会☆

投稿日2019/5/20

 

 

 

 

 

 

 

中学PTAの皆さんの茶話会に教員もお招き下さり、愉しいひとときをご一緒させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同好会にオーダー頂いた焼き菓子、私もメンバーもドキドキして当日を待ちました。召し上がって頂けただけでも感激でしたのに、保護者の方お一人おひとりがメッセージカードまで書いて下さりました。

 

 

 

 

 

 

 

お心遣いに感激いたしました。

部員のみんなもとっても嬉しいと思います。試験が終わったら集合してみんなで読ませて頂きますね。

☆☆☆「フロランタン」☆☆☆

まずは正確に計量します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高2小山くん、私の指示「お砂糖20を6、40を6、生クリーム100を6、薄力粉・・・」に、背筋を伸ばし丁寧に計量を繰り返す佇まいは、まるで調剤薬局の薬剤師!

 

 

生アーモンドを5分ほどローストしておきます。

 

お菓子作りが好きな私でも省きたくなってしまうのが、「粉ふるい」・・・。そこで裏技です。

薄力粉を「できるだけ高くからふるいにかける」のは「空気を含ませるため」ですから、ビニール袋に入れて空気を含ませ・・・シャカシャカシャカシャカ!振ります☆

シフォンもスポンジケーキもシャカシャカ作戦で焼きますが、しっかり膨らみます。お試し下さい☆

ビスケット生地を作ります。

 

しっかりしたクッキー生地やビスケット生地、パン作りは、粉を混ぜるのに腕力がいるので男子にぴったり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バターを使った生地ですので不均等に膨らまないよう、「ピケ」フォークで穴を開けます。

オーブンに入れている間に、フィリングを作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砂糖・バター・生クリームをあたため、お好みの洋酒で香りをつけます。今回はラム酒を少し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローストしたアーモンドをからめます。

生地が焼き上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

再び180度20分オーブンへ。

焼き上がりました☆

 

 

形のきれいなものを差し上げたいので、端を切り落とします。

切るそばからあっという間に手が伸びて、焼きたての美味しさに感激しながらみんなで頂きました☆

みんな「うまい!うますぎる!」の連発!

ビスケット生地は熱々のサクサク、バターとクリームの甘い香り、鉄板の上のステーキのようにまだ天板でグツグツしているキャラメルフィリング。

焼き菓子は日が経っても美味しいのが魅力ですが、やはり焼きたては格別ですね。

あまりの美味しさに感動した部員たち、

「先生、撮って親に送っていいですか?」

「どうぞ☆」

「先生!親が持って帰ってきてほしいって・・・」

「もちろん!」

作りたての画像をおうちの方に興奮気味に送るなんて・・・同好会発足以来!初めてでした。

(なにしろ普段撮ってくれたことのない私のことまで写してくれたのですから!笑)

 

美味しいものを食べた時、ご家族の顔を思い浮かべる・・・なんて、素敵なことですね。ご家族にも食べさせたいと思う君たちを見て、こちらも温かい気持ちになりました。

実はオーブン天板2枚分、失敗してしまいました。少し焼き過ぎてしまい、中学職員室へ運び・・・残業の先生方のお夜食に・・・。

でもそのあとも頑張って焼き直しました。

ビスケット生地の厚みを均等にすること、いい焦げ色を付けつつ焼き過ぎないこと。

茶話会で校長や部長の話にもありましたが、「得意な道で成長する」ことは本校の教育理念です。

そして好きなこと・得意なことを見つけてそれを続けていると、その次にはその特技を生かして誰かの役に立ちたい、誰かと楽しさや喜びを共有したい、と思うようになりますね。

昨年から「こども食堂」の調理ボランティアに行きたい、と部員たちが話しています。自分の「好き」が「得意」になってくると、誰かを喜ばせたい、社会の役に立ちたい、と思うようになるのでしょう。

今回、このようなご依頼を頂けて、喜んで頂けて、生徒たちにとっても本当にありがたい経験でした。

 

 

 

 

 

 

 

心の込もったカードを読ませて頂いています。

生徒の活動を見守って下さる温かいお気持ちが、お一人ずつにお返事を書きたいくらい嬉しく・・・、この場をお借りして改めてお礼をお伝えしたいと思います。

この度はお忙しい中、素敵な茶話会を催して下さり、同好会に素敵な機会を下さり心より感謝いたします。

またゆっくりお話できましたら嬉しいです。

日頃より本校の教育にご理解ご協力頂きまして、感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ
Page top