中学受験の方へ 高校受験の方へ 在校生・保護者の方へ

トライアスロン部

東京都トライアスロン選手権

投稿日2022/7/19

6月19日(日)渡良瀬遊水池で東京都トライアスロン連合主催の「東京都トライアスロン選手権・渡良瀬トライアスロン大会」に高校生11人が参加しました。東京都選手権は上位5名が日本選手権への出場権を獲得できます。数年前福島が4位になり唯一の高校生として出場権を獲得しました。そこでエリートへの道が大きく開きました。今回はYutoが挑戦しました。オリンピックディスタンス(スイム1500mバイク40kmラン10km)で、スイム1500mは前回のお台場アクアスロンで経験済、バイク40kmからラン10kmは未経験。練習ではそれぞれ実践しているもののトップスピードで連続は初めてでした。高校生の距離はスイム750mバイク20kmラン5kmのスプリントディスタンスで、7月に行われるU19日本トライアスロン選手権のテストマッチとなりました。

あとは生徒の感想で報告といたします。

Makishi
今回のレースはスイムのタイムをあげることを目標にしていました。スイム、ランはいいペースで入れてキープすることが出来て自分はいいと思いました。しかしバイクでは練習不足だったため1、2周目しかペースを維持することが出来なく3周目は結構ペースが落ちてしまいました。そして落車しそうになってしまったり自分の技術のなさも感じられました。しっかりと自転車の練習をしていきたいと思います。
>>>>前回の彩の国大会でも落車しそうになっていたので、バイクの技術はもっと磨く必要がありますね。U19基準を切れなかった悔しさを前面に出し、出場者よりもいい結果をトータルで出せるのは実践の強さがあるという証拠です。次の高校生選手権は出場が決まっているので、そこで真剣勝負です。反省点を修正して臨もう。

Ryo
今回の大会は悔しさが残るレースでした。 スイムでは先頭に少し離されてしまいましたが、自分の思い描いていたレース展開をすることが出来ました。バイクでは先頭になることができたのですが、なかなか速度が上がらず後方に追いつかれてしまい、ランでも実力を上手く出すことが出来ずに3位という結果になりました。 次はU19という大きな大会があるので、この結果を糧にして練習を続けていきたいと思います。
>>>>速度が上がらなかったのは、体調のせいなのか、暑さが苦手だったのか分析が必要ですね。次のメイン目指して頑張れ。

Yamato
僕はトライアスロンをやっていながらも、コロナ禍でレースがほとんど無くなり、約1年ぶりのトライアスロンの大会でした。今回の大会は順位を狙いに行くのではなく、レースの雰囲気を思い出すのと、今度の高校生選手権などにつながるレースにしようとこのレースに臨みました。まず良かった点は、スイムです。泳ぎ初めから自分の良いペースにすぐ持っていくことができたので、練習の成果が出ていたなと思いました。でも、毎回ヘッドアップをするのは無駄なのでもう少しヘッドアップの方法を考えたいです。そしてもう一つはレースを楽しめたというとこです。久々のレースで不安なことは多かったのですが、みんなとレースするのはほんとに楽しいことだと、改めて感じました。またやっぱりトライアスロンが好きだなとも感じました。反省点はまだまだ全体的な体力が足りてないことです。僕の苦手はランなのでランを強化していきたいです。成果が出たとこと、課題がしっかり見つかった良いレースになったので、高校生選手権に向けてまた追い込んでいきたいです。
>>>>>>>まずはトライアスロンを心から楽しめることが大切です。こんなにつらい競技なのにそれができる選手が強くなります。好きなことで熱中できることに打ち込めば、少々苦手があっても絶対克服できます。高校生大会まであと少し、頑張りましょう。

Ryuunosuke
今回は、「東京都トライアスロン渡良瀬大会」に出場してきました。TMTUの皆さん、JTUのスタッフの皆さん大会を開催して頂きありがとうございました。
結果は7位と酷い結果になりました。スイムでは、周りの人との〈泳力差〉バイクでは〈持久力〉が足りませんでした。
今回のレースは早朝から蒸し暑く、スタート前に水分をしっかりとりましたが、レース中に栄養が足りなくなりランの途中で熱中症で嘔吐してしまいました。そこから一気にランが崩れてしまいました。今回一番ランを頑張ってきていたのでとても悔しいです。今回のレース結果をしっかり受け止めて、U-19日本選手権までにレース途中の補給やボトルの中身など考えて、暑さ対策やハンガーノック対策をしっかり考えていきたいです。今までにないくらい自分に悔しいです。次は悔いの残らないレースにしたいです。
応援して下さった方々ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
>>>>暑さ対策とコンディショニングはとても大切です。失敗しても次に生かせればいい。今回は特に本番のテストレースでしたから。

Morisu
僕は、この渡良瀬大会が高校生でのデビュー戦でありました。 感想はスイム バイク ラン   トランジションであります。
まずは、スイムです。スイムは始めの泳ぎは、全力で泳げたので、良かったです。 良くなかったのは泳ぎが乱れて、コースからも外れて泳いでしまいました。 これで何秒かタイムが遅くなってしましました。 スイムはコースを外れてしまうと、タイムが勿体ないので、コースは絶対に外れないように気をつけます。
次はバイクです。 バイクは途中は誰かについていけました。ペースの一緒の人を探せたのは良かったです。 また、バイクで、良くなかったのは、スピードが平均32のスピードで走ってしまい、大勢の人に、抜かされてしまいました。 スピードは35から40ぐらいのスピードで走ると良いと思います。
次にランです。 ランはしっかりと最後まで走れたことは良かったです。  改善点は、走ってから、フォームが崩れてしまいました。
これらはタイムの差が大きくついてしまうことなので、気をつけて最後まで気を抜かないようにします。
最後に、トランジションです。 トランジションは準備が素早く出来たのは良かったですが、準備が素早いからと言って、物が足りないのは良くなかったです。水筒やサングラスなどをセットし忘れていました。 次回は絶対にセット忘れがないようにします。
今回は、色んな気持ちがある中、渡良瀬大会に出ました。 次回はU19に出場します。 U19では今回の失敗を改善して、同じようなことを繰り返さないようにします。 今回は、渡良瀬大会を実施して頂いて、ありがとうございました。
また、皆さんで、良い大会が出来ることを願っています。
>>>>どんどん実力をつけてきています。スイムのプールでのタイムが少しずつ上がってきていますが、オープンウォーターであまりトップに離されないのはうまいコース取りができているのかもしれません。ただ、トランジションには課題があります。

 

Hiromi
今回は2回目の試合でトライアスロンの試合では1回目でした。前回のお台場アクアスロンの反省を踏まえて挑みました。スイムでは前回より距離が短いためなるべく集団に揉まれて速度が遅くならないように、集団から離れて泳ぎました。スイムからバイクへのトランジションでは素早くビンディングシューズやヘルメット、サングラスを装着できるようにトランジションエリアでシュミレーションなどをしました。スイムの距離が750mと短かったですが、総距離では前回より長かったため最後のランではスタミナが切れてしまい、思ったようには走れませんでした。また当日は30℃を超える猛暑だったため、暑さ対策が不十分でオーバーヒートや日焼けなどでもスタミナ切れの原因になったしまったため次回の試合では気温にも気を配りレースプランを組みたいと思います。
>>>>短距離は速いのに長くなると極端にペースが落ちます。慣れてくればもっとイーブンペースで記録を縮めていけるでしょう。レースを多くこなすことがいいかもしれません。

Shunsuke
6/19は僕にとって初のトライアスロン大会でした。デュアスロンとアクアスロンの大会は出場してましたが3競技をこなすトライアスロンのデビュー戦でしたので完走出来るか心配でした。5月にお台場のアクアスロン大会でスイム1,500mを経験していたので今回の750mは自分の中ではスムーズにこなせたように思います。ウェットスーツを脱ぐ練習も前日まで自宅でも繰り返したので本番のトランジションは慌てることなく出来たと思います。しかし、3競技を振り返り、全体的にタイムを縮めていけるようさらに努力しなくてはいけないと痛感しました。特にバイク練習が足りないと感じたので自宅でもローラーの練習を増やすようにしていきたいと思います。
保護者の方からはスタート前にアドバイスもしてもらい、競技中は多くの応援もあり最後のランは特に辛かったけど止まることなくゴール出来ました。ありがとうございました。
>>>>お台場のアクアスロンのおかげで、安心して泳ぐことができたかもしれません。その積み重ねです。次の高校生選手権でさらにレベルを上げましょう。

Hiroki
スイムは、全力で泳げたので、かなり良かったです。 反省点は、泳ぎが乱れて、コースからかなり遠くに泳いでしまいました。 かなり、ロスタイムで、自分では、かなり直したいと思っている点です。
今回一番の反省点は、トランジションです。
本来、1分で準備できるところ、僕は5分ぐらいかかってしまい、本当に情けないと思いました。でも、自分は一切トランジションの、練習をしなかったので、当たり前の結果なのかも、しれません。トランジションの、練習は絶対にやろうと試合中にずっと思っていました。
バイクは、トランジションの、事があり、焦りで一定のペースで走れませんでした。でも、途中からは、誰かに、ついて行き、少し落ちつくことができ、本来の走り方ができました。 
次にランです。ランでは、最後まで、走れた事が本当に良かったです。今でも、あの日の暑さや、5キロと言う距離の長さ、さらに、最後に来た坂の絶望感を、思い出すと、本当に苦しかっです。
でもその後の達成感はどの大会よりも最高なものでした。
今回は、渡良瀬での大会を作ってくれて、ありがとうごさいます、そして、この達成感を、また味わいたいので、また実施してください。
>>>>前回もトランジションを反省していました。同じことを繰り返さないことが大切です。

Ayumu
今回の渡良瀬トライアスロン大会を見ていましたが、僕が自主練や部活での練習が足りないなと思いました
体調管理や体力配分を今まで以上に気をつけていきたいと思いました
さらに追い込みも足りないと思いました
部活での練習は今まで以上にペースを上げて頑張ろうと思いました
自主練ではランを中心に練習していこうと思っています
スイムは今まで学校だけでしかやっていませんでしたがこれからは自主練の時もやろうと思いました

Keigo 目黒区アクアスロン大会について

まず目黒アクアスロン大会に携わった方本当にありがとうございます。スイムは200メートルで最初の100メートルは調子が良く2、3番につけていましたが途中からスピードダウンしてしまって4番目ほどまで落ちてしまいました。トランジションは、スムーズに進むことができました。最後のランは3キロメートルで思うようにスピードが伸びず3番の人との差が縮まらずにゴールという形になってしまいました。
この大会で改善点がいくつか見えたので全日本中学生大会までに治していきたいです。

 

戻る トップページ
Page top
中学入試
高校入試