トライアスロン部

活動紹介

活動内容

トライアスロン部は2018年で創部14年となりました。2000年のシドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2016年からは国体の正式種目にもなりました。スタンダードディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生は更にその半分(スーパースプリントディスタンス)です。 週4回の練習で自己鍛錬しています。東京都トライアスロン連合ジュニア強化指定選手基準記録を突破してジュニアトライアスロン日本選手権出場を目指して全員頑張っています。さらにレベルが上の日本トライアスロン連合の強化選手も輩出することが2017年からできました。
トライアスロン競技を取り組んでいる部活動は全国で日本学園しかないため、2014年度から日本トライアスロン連合により「強化クラブ」として、唯一の学校として認定されました。次はジュニア日本代表選手がここから出るようにみんなで切磋琢磨しています。

実績

2018年 第1回全国高等学校トライアスロン選手権大会 7位・9位
JOCジュニアトライアスロン日本選手権 U19: 13位・25位 U15: 35位
ユースオリンピックアジア大陸別代表選考会 6位
東京都高体連自転車ロード競技 14位。初の関東大会出場
2017年 JOCジュニアトライアスロン日本選手権 U19: 31位・33位・37位  U15: 29位・44位
JOCジュニアデュアスロン日本選手権  U19: 13位・16位・17位 U15: 7位・9位
2016年 JOCジュニアトライアスロン日本選手権 U19: 41位・44位
JOCジュニアデュアスロン日本選手権  U19: 10位・12位・16位
2015年 JOCジュニアトライアスロン日本選手権 U19: 46位・50位・51位 U15:41位
JOCジュニアデュアスロン日本選手権  U19: 8位・12位 U15:5位。

近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動一覧
Page top