トライアスロン部

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

ASTCトライアスロンアジアカップ大阪城大会報告

投稿日2018/6/15

6月10日(日)大阪城周辺特設会場においてNTT ASTCトライアスロンアジアカップ大阪城大会が開催され、福島が参加しました。この大会はJTU強化選手しか参加できない大会で、JTU強化選手であっても記録会(400mスイムx2倍の時間+ラン3000mあるいは5000m)の速い選手順に選考されます。オリンピックを目指すエリート選手が多く参加する中で、U19からも福島を含め6名程度選抜されました。

選手説明会も前日に行われることがルールで決められており、一般の大会よりも多くの注意すべきルールがあります。日頃の練習の成果もあり、その点では1つもひっかかることなく無事にレースを終えることができました。そればかりではなく、前回のユースオリンピック代表選考会で負けた相手に対してもリベンジすることができました。

結果は下記のとおりです。
http://www.jtu.or.jp/results/2018/18osaka_castle_elite_result.pdf

また、この大会を含め1年に数試合がジャパンジュニアランキングの対象大会になっています。
http://www.jtu.or.jp/ranking/2018/junior/index.html
http://www.jtu.or.jp/ranking/2018/junior/ranking.html

今回のレースでは得意のスイムでポジション争いに巻き込まれ、スイムで同世代の人とあまり差を付けることができず納得のいくスイムではありませんでしたが、激しくぶつかり合ったのは初めてでいい経験になったと思います。スイムは満足のいく結果にはなりませんでしたが、その後のバイクでは、集団を維持しつつ途中先頭を引いたり、集団のペースが落ちた時に先頭を自ら引きに行けたのは大きな自信になりました。ですが、前の集団はもっと速いペースで走っていたので、満足せずもっと練習してスイムから飛ばせるくらいの実力を付けたいと思いました。バイク後のランでは上手く走れましたが、後ろから来た有名選手には100メートルくらいしかついていくことができず、実力差 を感じさせられました。また、宮崎のリベンジも何人かにできたのでよかったです。今回は身体がよく動きましたが、前回みたいに実力を発揮できない時があり調子の善し悪しが極端すぎるので、レースの日にベストパフォーマンスができるように意識して生活していきたいです。

>>>まずはいつものスイムコースよりもスタートからのダッシュが勝負を分けたと思います。いくら速くてもあれだけの人数が一緒に飛び込めばバトルがあるのは当たり前。そこでぶつかってもびくともしない身体を作るのが大切です。バイクについてはスイムで福島と同じ速さの人が多くてちょうどいい集団を組めました。U23やU19では同じ実力の人数が少なくて、バイクが弱いとどんどんグループが下がってしまい、結局ランでも勝負できなくなってしまう傾向がありました。福島の場合はスイムが得意なだけに、エリートが多い方がなんとかついていけて、いい勝負ができますね。コンディショニングについては確かに調子の良し悪しが大きいのが気になります。まず今週、そして1週間あけて、U19です。1年半の成果を出しましょう!

今後の予定
6月16日(土) JTU公認記録会 (東京都主催)
6月17日(日) 渡良瀬遊水池東京都トライアスロン選手権
7月1日(日) U19トライアスロンジュニア選手権(仙台)ジュニアオリンピックカップ
7月8日(土) ASTC トライアスロンアジアカップ高松大会

トップページ
Page top