トライアスロン部

神津島アクアスロン大会2連覇

投稿日2018/9/11
9月1日(土)東京都神津島で実施されたアクアスロン大会に昨年優勝した福島が見事今年も優勝をしました。
台風21号の影響で海は波も高くうねりも大きいためスイムの距離とコースを変更して実施しました。
本来は砂浜から斜め方向に375m泳いで戻ってくる1周750mを2周回する予定でしたが、波に対して垂直方向に進んだ方が安全を確保しやすいため1周450mの2周回に変更されました。この1周には安全確認のためのビーチラン約100mを含むのでスイムが得意な福島には不利な変更となりました。
ランは予定通り5kmを2周回。特徴は、途中で急な登り坂が約150mあることで、ランのいいフォームをいかに維持して楽に登るかが大切です。昨年の記録よりずいぶん速くなり練習の成果が発揮された大会となりました。
2年連続で優勝となり、昨年のスピーチではほとんどしゃべることができなかった福島が、今年は観客の笑いや喝采を受けるようなことを述べていたので、成長を感じました。中には握手を求められるシーンもあり、選手として周りから応援される選手にならなければならないことを一層自覚したと思います。
 
あとは福島の感想を持って報告といたします。
 
今回の大会では去年に引き続き優勝することが出来て良かったです。台風の影響でスイムの距離が短くなり思うように後ろとの差を離すことはできませんでしたが、海に入る際の技術が上がっていたので良かったです。ランでは去年よりも4分縮まりましたが、去年の自分よりももっと速くなっていると思っていたので上りの強化をして楽に坂を走れるようにしたいと思いました。途中のラップでは変わらず走っていたつもりでしたが3:25/kmがでて、その時はちょうどフォームを1番意識して走っていた時なので、姿勢の違いでどれだけタイムが変わるのか実感できたレースでした。今回のレースでのランが今年で1番フォームがよく、走れていたのでこの感覚を忘れずにこれからのレースでも同じ走りができるように日頃から気をつけていきたいと思います。

 
>>>トライアスロンを始めて1年半でランが一番伸びて結果も伴っています。ももをしっかり上げることで大きなストライドを維持し、うまく体重移動できているのがいいようです。まだまだこれからさらにピッチを上げる練習もしていけば記録は伸びるはずです。頑張りましょう!
戻る トップページ
Page top